読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.26⌒★【多治見市】国宝寺院の永保寺

★ モザイクタイルミュージアムから、東鉄バスで振り出しの多治見駅へ戻って来ました。 (-"-) 多治見駅から再度、バスで永保寺へ向かいます。 バスで約10分。 お寺は森に囲まれていて、流れの強い川も近くに流れていて、蒸し暑い空気が、蒸し涼しいぐらいに感…

No.25⌒★【多治見市】モザイクタイルミュージアムは2D建築物!

★ セラミックパークから下山し、東鉄バスに乗ってまた振り出しの多治見駅へやってきました。 毎回多治見駅へ戻って来なきゃいけないんですが、各スポットを結ぶバスを作ってくれないでしょうか(-"-)。 振り出しの多治見駅からは、再度東鉄バスに乗って、南へ…

No.24⌒★【多治見市】人はいないが広大なセラミックパークmino!

★ 岐阜県の多治見市は、最も暑い都市の座を巡って埼玉県熊谷市と競り合い、2007年8月16日には最高気温40.9度の日本記録を達成しました。 熊谷市も同じ日に40.9度を記録。 まさにデッドヒートを繰り返していましたが、 その後、 高知県四万十市に2013年8月12…

No.23⌒★紅葉はもうすぐの天狗のふるさと【南足柄市】2最乗寺

★ 大雄山駅から徒歩7,8分の南足柄市文化会館は佐藤総合計画設計、 音響担当は、巨大ホールにはいつも名前が出てくる永田音響さんでした。 別名は金太郎みらいホールというらしいですね。金太郎におんぶに抱っこの町です。 人口4万人の町に、座席数約1100人…

No.22⌒★紅葉はもうすぐの金太郎のふるさと【南足柄市】1アサヒビール工場

★ 神奈川県の果ての南足柄市は小田原市の北にあり、ほとんどは深い深い山の中。 麓の平地に人口が40000人超います。 小田原行きになっていますが、 小田原駅で折り返して大雄山行きになり、これで南足柄市の中心部へ行くことができます。 4人掛ボックス席ば…

No.21⌒★話の長い家【熊谷市】

★ 埼玉県の熊谷市。 熊谷は、中山道の宿場町として栄え(8番目の宿)、源平の戦いの頃の熊谷直実などという人が有名です。 熊谷駅についたら秩父へ向かう秩父鉄道へ乗り換えます。 電車は普通の3両編成。 運が良ければ、沿線でSLが走る姿を見ることができ…

No.20⌒★静岡市の巨大建築たち

★ 東静岡駅にやってきました。 駅前にはグランシップが停泊しているように建っています! 名前通り、立派な船、といった形をしていますね。形からして、潜水艦かな? 静岡市は国際港湾の清水港や、たくさんの漁港を抱える海の街でもあります。 漁港では、ぼ…

No.19⌒★妹島王国の日立市

★ 特急ときわで上野から1時間40分、2600円ぐらいかかって日立へやってきました。 福島県いわきまで行くのが、特急「ひたち」。 茨城県の高萩や勝田行きになるのが特急「ときわ」になると思ったんですが、ときわ83号だけはなぜかいわきまで行ってしまいます…

No.18⌒★鴨川市の誕生の地

★ 千葉県は鴨川市へ向かいます。 いつものように、 京急線で久里浜まで南下、 久里浜港までバスに乗って、 久里浜港から金谷港までフェリー、 そこから館山終点の電車に乗って、 安房鴨川行きの電車に乗り換えて行き着くことができます!(;´Д`)(約2300円、…

No.16⌒★混沌とした街の大田区

★ 東京都の南の端の大田区。 いつも、川崎市大田区か、東京都大田区かで迷います。自分だけ…? 東京都大田区は巨大歓楽街の街、蒲田があり、 他には寺町の池上や、羽田空港、貝塚の大森などがあります…。 大森は海苔の産地としても有名ですね。 大森にはのり…

No.15⌒★小田原城を見下ろす一夜城

★ 豊臣秀吉の天下統一に最後まで抵抗した北条氏の本拠地、小田原。 小田原城は今も小田原市の中心に位置しています。 その、小田原城に圧力をかけるように、石垣山城が上から見下ろしています。 石垣山の標高は241m、対して小田原城の天守は海抜68m程度で…

No.17⌒★【伊豆の国市】韮山反射炉と横穴たち

★ 伊豆の国市は2005年に伊豆長岡町や韮山町や大仁町が合併してできた伊豆半島の付け根を占拠している市です。 伊豆の国市へ行くにはまず、三島駅まで行って、そこから伊豆箱根鉄道に乗り換えて行きましょう。 伊豆箱根鉄道はレジャーと聞けば何にでも手を出…

No.14⌒★中国人たちの眠る場所(横浜市中区)

★ 横浜市の中区は、神奈川県庁や横浜市庁もあり、さらにショッピングエリアの桜木町や伊勢佐木町、ビジネス街の関内、横浜港から、元町地区、物流の本牧地区、飲み屋街の野毛町、風俗街からアートの町になりつつある黄金町まで、中区だけで横浜市のすべて、…

No.13⌒★沼津市の御用邸

★ 沼津市。 沼津は東海道五十三次の12番目の宿場町で、漁業なんかが盛んな町です。 五十三次に書かれている絵は、沼津市街地を流れる狩野川沿いの道を急ぐ旅人たちの絵。 夕方の情景です。 沼津市は富士山の南にあり駿河湾に面した温暖な気候で、 漁港も海水…

No.12⌒★甲府の石の庭

★ 善光寺をあとにします。振り返ると、ぶどう畑の向こうで、善光寺は異様な存在感を示していました。 すぐ近くには東光寺があります。 お寺は正方形・反りの強い庇・裳階付きのいわゆる禅宗様の建物です。室町時代。 お寺を巡っているとよく見る形式の仏殿の…

No.11⌒★甲府の善光寺とその周辺の建物たち

甲府市へ来ています。 甲府市は、富士山の麓の上九一色村の一部を取り込んでしまった影響などで、南北に非常に長い市域で、40㎞ぐらいの長さがあり、 ひょろひょろとしたさつま芋みたいな形をしています(東西は10㎞もないぐらい)。 某悪徳教団のせいで 「…

No.10⌒★裏日光旧日光

日光へやってきました。 日光には、JR日光駅と東武日光駅とがあり、 東武日光駅の方が東照宮に近いので便利、、かと思えば必ずしもそうではなく、 バスはJR日光駅が始発なのでJRから行くとガラガラのバスに乗って行けます! そして日光は涼しいかと思えば、…

No.9⌒★菓子処と別荘のセット(御殿場市)

秩父宮記念公園から歩いても行けるとらや工房にやってきました。入り口は立派でわくわくしますが、非常に蚊が多くて困りものです。数秒でたくさんの蚊にわいやわいや襲われましたΣ(´д`;)茅葺の門の下にはブタの蚊取り線香も置いてありますが、なんの役にも…

No.8⌒★アジア人だけの御殿場、日本人だけの御殿場

★高原都市、静岡県御殿場市は今日も冷涼な空気に包まれています。御殿場にやってくる観光客のほとんどは御殿場プレミアムアウトレットに行くようで、何本も何本もアウトレット行きのバスが通って行きます。以前は観覧車なんかもあったんですが、最近は無くな…

No.7⌒★藤沢市の戦前建築たち

★ 藤沢市にやってきました。 藤沢と言っても、あまり有名な地名でもでなく、藤沢市内の江の島とか、鵠沼、辻堂といった地名の方が有名だと思います。 藤沢宿は東海道五十三次の6番目の宿で、歌川広重が描いたのは、やはり江の島でした! 藤沢駅から、江ノ島…

No.6⌒★南房総市の石堂寺は意外な長旅

★ 横浜から車無しで南房総方面へ行く方法はほぼ3つあり、 ①JRでぐるっと東京湾を回るお金がかかる遠回りルート ②電車で川崎まで行き、バスで海ほたるを通って木更津経由で行くお金がかかるルート ③JR久里浜駅か京急リラッ久里浜駅経由で東京湾フェリーで行…

No.5⌒★筑西市の建物と史跡たち2

★ 内外大神宮から酷暑の中を徒歩5㎞、電車待ち1時間、座れないほど混んでる電車20分の末、下館駅にやってきました('д` ;) 田舎は移動がとても大変です。車が無ければ。 下館駅周辺はこの辺りでは比較的発展している街だと思います。これはしもだて美術館…

No.4⌒★筑西市の建物と史跡たち1

★筑西市は筑波山の北西の、内陸部にある町です。ずいぶんマイナーな名前だけど、市役所がある旧下館市はまあまあ有名です。 その昔、下館市、 関城町、明野町、協和町が合併したんですが、下館以外超無名の町ばっかりだからそのまま下館市でいけばいいのに、…

No.3⌒★渋谷区の宗教建築の続き

★ 外苑前駅から表参道駅乗り換え、メトロ千代田線で代々木上原駅で降りました。 渋谷区はいろんな路線が通ってるので、どこをどう、回るかでずいぶん効率が違ってきます。めんどくさい街…。 ここにあるのはトルコ共和国が運営するモスク、東京ジャーミイ。 …

No.2⌒★渋谷区の宗教建築

★ 渋谷に来ています。 人込みがひどい渋谷にはふだんあまり近寄りません。 人が集まれば宗教も集まります。宗教が集まれば建築も集まります!(たぶん) まずは銀座線外苑前駅で降り立って、教会を目指します。 さすが、渋谷だけあっていろんな建物がありま…

No.1⌒★ゆずの聖地、横浜市磯子区の建物

★ はじめまして、auraと申します。 auraは、群馬県邑楽郡のおうらですね。 邑楽郡なんて、2~3年しか住んだことありませんが、なんでおうらなんでしょうねえ、自分でもよくわかりません。 何せ勝手に知らぬ間に名付けられてしまったから…(゚Д゚) 今は神奈川…