建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.156⌒★【千葉市】都川の建物たち。中央図書館、千葉教会

f:id:aurakei:20171212211544j:plain

千葉県庁の辺りを流れる都川。

ずっと辿って行くと、加曽利貝塚の方まで行き着き、この川を通して貝やら魚の輸送を行っていたんでしょう。(今も繋がってるかは分からない)

昔も今も、千葉市の重要な河川です。

 

f:id:aurakei:20171212213159j:plain

昔も今も都川は文化の中心地。

辺りにはたくさんの建築遺産がありました。

県の指定文化財である、日本キリスト教団千葉教会。

いわゆる旗竿地に建っていて、旗竿の竿の部分に顔を向けるように玄関が造られています。

 

千葉教会は、

井上馨による西洋式首都計画のために招聘されたエンデ・ベックマン事務所の一員としてやってきたゼールによって1895年に設計されたものです。

その西洋式の首都計画は井上馨の失脚によって無くなりましたが、ゼールはそのまま日本に留まり設計活動を続けました。

何気なくあった建物ですが、意外にかなり古い建物。

ただそんなに古い建物に見えないことと、県の文化財に留まっていることを見ると、改修の手が加えられているんですかね。

 

f:id:aurakei:20171215224906j:plain

裏手にある千葉県立中央図書館は見るからに古そうな建物。

でも教会よりはずいぶん新しい建物です。

1968年築、大高正人氏設計。

この地方を治めた千葉氏の拠点の猪鼻城があった台地の端の方に建てられています。

猪の鼻のように、にゅうっと突き出た台地だから?

 

f:id:aurakei:20171216210857j:plain

1968年当時の近未来を現したようなデザインをしています。

ロボット、基地、宇宙。そんなイメージが湧いてきます。

だいたい、庇だけのためにこんな重厚なコンクリートは必要が無いと思います。

ここが、軽快な金属製屋根などではあってはならないのです。

建物のコンセプト上。

 

f:id:aurakei:20171216211113j:plain

天井は格天井のように四角の梁が連続して構成されています。

内部も外部もどちらも同じ構成で、いかようにも建物は増殖していけるというメタボリズムの思想によるものです。

 

設計者大高正人の本も、わざわざ大きくスペースを取って設置されていました。

 

 

★auraの子育て日記(生後4か月)

 

最近、わが子は独り言をよく言います。

 

誰もいないのにぶつぶつぶつぶつ、しゃべっています。

(´Д`)まさか、誰かいるの?

 

聞いていると、寝る前の独り言と、機嫌がいい時の独り言と、機嫌が悪い時の独り言は少しずつ内容が違うみたいですね。

寝る前は独り言というより、鳴き声と独り言が同化している感じです。

 

………と、書いていたら、いつの間にか独り言をあんまり言わなくなっていました

(´Д`)

ブームがあっという間に過ぎ去るのが乳児。

先々週まであった人の顔を触るというブームとか(よだれでべとべとになる)、顔を合わせると盛んにしゃべりかけてくるブームなどは、すでにどこかへ消えてしまいました…。

今は一日一日が大事なんですね。

No.155⌒★【千葉市】貝塚の県千葉県。花輪貝塚、月ノ木貝塚

特別史跡加曽利貝塚を後にしました。

f:id:aurakei:20171210184209j:plain

数百メートル南西に歩くと、花輪貝塚があります。

花輪貝塚は4000年ぐらい前に人が住んでいたようで、7000~3000年前ぐらいの加曽利貝塚と時期的には被っているはず。

採れたのもハマグリ、イボキサゴなどこれも加曽利貝塚とほとんど同じ。

いわゆる舌状台地(ぜつじょうだいち)と呼ばれる、舌状にべろんと突き出た台地で(標高は約30m)、平地に近い土地なので集落も造りやすいのかもしれません。

 

花輪貝塚国指定史跡ですが、侵入禁止のようでした(´Д`)。

グーグルマップにも出てこない、忘れられた貝塚です。

そもそも千葉県には、グーグルマップにも忘れられるほどたくさんの貝塚があって、

日本全国の1/4もの貝塚がここに集中しています。

 

 

f:id:aurakei:20171212053648j:plain

花輪貝塚からさらに南に歩いて行くと、月ノ木貝塚があります。(国指定史跡)

広い更地。台地状の土地。

自治会の建物が近くにあって、広場として使われているのでしょう。

人は誰一人いない…。

 

ここでもイボキサゴ、ハマグリなど、同じようなものが見つかりました。

時期も4500年前前後で同じ頃。

クジラもいたそうなので、外洋の方とも交流があったんですかね。

 

どこへ行っても貝塚にぶち当たるのが千葉県です。

もう、貝塚はしばらくお腹いっぱいです…

(´Д`)

 

★auraの子育て日記(生後4ヶ月弱)

 

ぺちゃんこのティッシュ

 

f:id:aurakei:20171212054552j:plain

うちには、ぺちゃんこのティッシュ箱が二つほど落ちています(だいたいいつも)。

 

とにかく飲んでは吐き戻し、笑っては吐き戻し、泣いても無表情の時もいきなり吐き戻すのが乳児。(なぜだ)

リビングの右と左に、ティッシュの箱を一つずつ置いていて、いつどこでどのように吐き戻ししてもすぐにティッシュが取り出せるように万全の体制を敷いてます!╭( ・ㅂ・)و

 

ただ、それ以外にもいきなりうんちをしただとか、いきなり泣き出したとかで慌しくなって、

右往左往しているうちに、ティッシュの箱は無残にも踏み付けられまくることになるのです。

 

その結果がぺちゃんこのティッシュ箱。

ティッシュ箱がぺちゃんこになればなるほど、うちでは育児をがんばった姿です。

No.154⌒★【千葉市】特別な貝塚、加曽利貝塚

千葉公園から千葉モノレールでぐるぐるっと、桜木駅まで行くと、そこは有名な加曽利貝塚がある駅です。

 

駅から歩いて10分ぐらい。加曽利貝塚は住宅地の中に忽然と現れました。

加曽利貝塚は、貝塚と言っていますが、集落跡でもあります。紀元前のおよそ2000年間、集落として存在してきました。

今も昔もここは住宅地だったのです。

 

加曽利貝塚の横には小さな川がありますが、その川はどこへ続いてるかというと、千葉県庁の脇を通って、東京湾へ注がれています。

昔はこの東京湾からの貝を含む物資を、舟で運び込んでいたのがわかります。

 

f:id:aurakei:20171209204511j:plain

かなり広い公園。

1日じゅう、ここで新聞読んだり仲間としゃべったりしていそうな老人が何人かいる以外は、あとはランニングしたり、散歩したり。遺跡公園なのに遺跡目当ての人は見当たりません。

加曽利貝塚は最近、貝塚としては珍しく(初?)、特別史跡に指定された、超重要な貝塚なはずです。

ここは観光地でもない住宅地なので、訪れる人は近所の人ばかりなのです。

 

f:id:aurakei:20171209204702j:plain

左へ行けば、小汚い変な屋根の建物があって、

 

f:id:aurakei:20171209204728j:plain

集落跡の発掘跡の姿を見ることができます。

屋根の形がそのまんま天井に…(´Д`)

 

f:id:aurakei:20171209204929j:plain

右へ行けば、地中式のシャープな建物があって、

 

f:id:aurakei:20171209205000j:plain

シャープな貝塚の断面をみることができるでしょう。

 

f:id:aurakei:20171209205132j:plain

断面におびただしい貝が見える貝塚からは、

ハマグリ、オオノガイ、シオフキ、イボキサゴ、カガミガイ、クロダイ、スズキ、シカ、イノシシなどが見つかったようです。

 

そのうちシオフキ、カガミガイ、クロダイは今でも東京湾で問題なく採れ、

ハマグリ、イボキサゴはかつて東京湾で採れたものの激減し、今はだんだんと復活しつつあるそうです。

スズキはシーバスという名前で釣り愛好家に釣られているようですね。

つまり、陸上のシカ、イノシシを除いて全て東京湾に今でもいる生き物たちなんですね。

 

f:id:aurakei:20171209210613j:plain

右奥には崩れ果てた竪穴住居。

f:id:aurakei:20171209212556j:plain

完全に崩れ果てたのか、1棟はリフォーム中。

 

f:id:aurakei:20171209212648j:plain

縄文時代にはなかったであろう技術レベルで掘っ立て柱の根巻きのようなものが作られていました。

まさか、あの下はコンクリートで固められているんでしょうか。

 

f:id:aurakei:20171209213028j:plain

正面出入口から奥に行けば、大須賀家住宅という古民家があります。

が、金属屋根で中も見ごたえはありません。

 

コンテンツは揃っているものの、まだまだ施設の更新が進んでいない加曽利貝塚

特別史跡となったことで、今後変わって行くんでしょうか…。

 

★今日の貝塚(´Д`)

千葉市貝塚がたくさん。あっちにも貝塚、こっちにも貝塚があります。

f:id:aurakei:20171209213804j:plain

その一つが荒屋敷貝塚

国指定史跡になっていますが、

ただの広場にしか見えません。

 

f:id:aurakei:20171209215010j:plain

荒屋敷貝塚には、当時のものか近くの住人が捨てたものなのか分かりませんが、

土の上には大量の貝殻が落ちていました…。

 

千葉駅から、バスで40分以上もかけて行って、ほとんど見るものもなく、

またバスで40分以上もかけて千葉駅に戻って行きました。

徒労感だけが残る旅、それが貝塚を巡る旅です…!(´Д`)(加曽利貝塚のような貝塚は稀)

 

貝塚は、「遺跡」であるので、低い草しか生やしてないところが多いです。とにかく芝生を生やして草が長くならないように常に刈りまくる。

つまり、

貝塚の周りに家を建てれば、光や風が入り込む健康的な住宅になりますね(*‘∀‘)

貝塚なので、立ち入り禁止になっているところも多く、自宅の隣に半永久的に空地ができあがります。

住宅の購入を考えている方は、ぜひ、どうぞ。

 

欠点は、ほとんどが僻地にあるということです…。

 

No.153⌒★【千葉市】千葉公園のまわりをまわる

千葉駅から千葉モノレールで、北へ向かいました。

稲毛区役所もそちらにあるけど、結構内陸部にあるんですね。

というか、稲毛海岸駅稲毛海浜公園稲毛高校も稲毛民間航空記念館も、稲毛区ではないことに気づきました('Д')

稲毛=海のイメージがあるのに、稲毛区は全くの海無し区です。

 

千葉モノレールに乗って一つ目の千葉公園駅。

f:id:aurakei:20171204214849j:plain

千葉公園は冬になると雪吊りが施されます。

千葉は雪なんか、ほとんど降らないだろうし降っても雪吊りするほどではないだろうに…。

向こうに見える逆さまの電車が千葉モノレール

ボート池と呼ばれる池にはカモがたくさん浮かんでいました。シベリア辺りから越冬のために渡ってきた、キンクロハジロくんですかね。

 

f:id:aurakei:20171204215631j:plain

千葉公園前交番は屋根が、というより屋根兼外壁が丸くなった変わった建物。

植栽のために、外壁を下部を途切れさせているところも気になります。

 

f:id:aurakei:20171204215859j:plain

正面から見ると普通に見える、この交番。

植栽のために、外壁を一部切欠いているように見えます。

そこまでして、わずかな植栽を…('Д')

 

f:id:aurakei:20171204220103j:plain

さらに先へ進むと、どこから現れたのかおじさんが群れを成して歩いていて、

千葉競輪場がありました(ご飯だけ食べて行った)(禁煙って書いてあるのに煙草臭い店内だった)(昼なのにみんな酒を飲んでた)。

 

f:id:aurakei:20171204220242j:plain

千葉公園を越えた先にはコルテ松波という集合住宅があります。

道路側は無表情なグレー一色のベタ塗りの外壁。

プライベートスペースに入ると階段、廊下、カラフルな玄関と一気にうるさい建物になっています。

この建物は外でなく、内に向いた建物です。

 

f:id:aurakei:20171204221047j:plain

一番上の左の階に行くには、

手前の階段を登って、奥の階段へ行って、渡り廊下を渡って、奥の階段を登ってさらに渡り廊下を渡って行けば着くんですかね(´Д`)

 

設計したのは空間研究所

眺めるのはいいですが、住むのはイマイチそうな空間です。

別に悪いというわけではなく、

どの空間を重視するかは建築士によって随分違うのです。

 

★*.+゚auraの子育て日記(生後3ヶ月半)

最近は寝付きが良くなってきました。


f:id:aurakei:20171205072354j:image

生後間もなくの頃は(今も生後間もなくかもしれんが)、

夜も1時間起きに起きたり、ほとんど寝なかったりして、

2時間ほどしか寝られず会社に行くこともあって、

「終わった…」

と思っていました。(実は仕事中にこっそり寝てた)

 

それからはひたすら寝活の日々。

夜は暗くする。夜更かしは絶対にしない。

昼と夜の区別を徹底的に付けていきます。

そうすると最近は、5時間ぐらいまとめて寝てくれることもあるので、こちらもかなり寝られるようになりました。

 

一番大変なのは、やっぱり生後2ヶ月までなんですかね。

それまでは子供が安定してないし、

何より親がまだ子育てを全く分かってない、手探り状態なのです。

No.152⌒★【千葉市】葡萄の別荘。神谷伝兵衛別荘

ラストエンペラーの弟も住んでいた千葉市ゆかりの家・いなげがある山には、

その山は稲毛浅間神社の山なんですが、

神谷伝兵衛の別荘も近くにありました。

ここは古くは別荘街だったので、今でも会社の寮や、ホテルなどが軒を連ねています。

昔は近くにあった海ももう、ほとんど見えなくなってしまったのに…。

今では巨大で騒がしい国道14号の道路とその路面店しか見えない別荘街です。

 

f:id:aurakei:20171127204518j:plain

貴賓あふれる、白い洋館の別荘。

これを建てた神谷伝兵衛さんは、浅草の神谷バーで有名ですね。

(行ったことないけど何となくみんな知ってるバー)

葡萄酒や、神谷バーの代名詞とも言える電気ブランなどの洋酒の製造や販売を明治の早い頃から始め、それで財を成してきたので、住居を洋館にするのも分かります。

 

この別荘は大正7年築RC造

1997年に国の登録有形文化財となりました。

 

f:id:aurakei:20171127210110j:plain

アーチを潜って入る柱廊。

 

f:id:aurakei:20171127210537j:plain

葡萄酒色の階段を登って2階に行きましょう。(1階はボランティアの方の一生懸命な説明を聞いてるうち写真を撮り忘れた(´Д⊂ヽ)

 

f:id:aurakei:20171129212515j:plain

神谷「私は葡萄酒で財を成した、この部屋のコンセプトは葡萄で頼むぞ。

床柱には葡萄の木を使ってくれ」

設計士「分かりました。葡萄の木が立ってるということはぶどう棚も必要ですね。天井でぶどう棚の表現をしましょう。竹で櫓を組んで…」

神谷「それで頼むよ、しかし葡萄が実ってる姿もあるといいな」

設計士「では欄間に実ってる葡萄の絵を書き込みましょう!」

みたいなやり取りがあったのかなかったのかわかりませんが(ないかも)、

部屋全体がぶどう棚の中にいるようなコンセプトで作られています。

 

f:id:aurakei:20171129213017j:plain

床柱はちゃんとぶどうの木。

しかし、天井のぶどう棚に行き着く前に途切れていますね(´Д⊂ヽ。

 

f:id:aurakei:20171129213708j:plain

欄間にはぶどうが描かれています(*‘∀‘)。

床柱+天井+欄間が揃って神谷伝兵衛の葡萄部屋が完成するのです。

 

★今日のお酒(*‘∀‘)

f:id:aurakei:20171129221704j:plain

神谷伝兵衛さんが作った電気ブラン

 

当時、「電気」というのは言葉も含めて最新のものだったので、電気ブランという呼び方はすげーかっこいい名前と思われていたのです。

今はあまりかっこいい名前でもないですけどね。

 

電気ブラン京成稲毛駅の近くにある酒屋さんで買うことができました。(稲毛園だったかな?)

アルコール度数は30度と40度の2種類あり、

味は、

そのまま飲んだらあんまりおいしくなかったですね…。

 

ブランと言う名の通り、ブランデーをベースに、ワインやジンなどをまぜこぜして作られているようですが、

昔からジンの刺してくるような味が苦手なんですよ。電気でビリビリする感じはジンのせいでしょうか(。ŏ_ŏ)

 

さらにジュースか何かを混ぜこぜして飲むとおいしく飲めました…。

No.151⌒★【千葉市】変遷ある建物たち 千葉トヨペット、ゆかりの家いなげ

f:id:aurakei:20171125203725j:plain

自動車販売店には見えない千葉トヨペットの建物。

温泉旅館とか、どこかの巨大新興宗教社務所とかに見えますね。でもここは自動車販売店。

ここへ電車で行くなら京葉線稲毛海岸駅か、京成線京成稲毛駅か、総武線稲毛駅から歩いて行きましょう。

この辺りは並行して走る3本の路線があって、よくよく考えて電車に乗らないと遠回りになってしまいます。

 

千葉トヨペットの建物は1899年(明治32)に建てられた登録有形文化財です。

設計は妻木頼黄、武田五一という有名建築家によるもので、

今は合併を繰り返してみずほ銀行となっている、勧業銀行の本店として建てられたものです。

勧業銀行は東京に本店を置いていて、その後この建物は遊園地の事務所→市役所と経たのちに千葉トヨペット本社社屋となっています。

長い長い旅をしてここまでやってきたんですね…。

 

左右対称の堂々たる建物。屋根には唐破風、千鳥破風なども乗って、サッシは障子にも見えます。

 

f:id:aurakei:20171126183249j:plain

千葉トヨペットからほど近くの、低い山の裾には、ゆかりの家・いなげ、という家があって、

清のラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟、溥潔がたった数か月、仮寓として新婚生活を過ごした家です。

そのあとすぐに満州国皇帝の兄の下、新京に引っ越していったので、ほんのわずかにしか使われませんでした。

 

皇帝の弟が住んだ住んだと言ってるけど、

この建物は大正初めに誰かの別荘として建てられたもので、別荘として使われていた時代の方がずいぶん長い建物です。

 

f:id:aurakei:20171126192258j:plain

仮寓とはいえ、皇族が住む建物としては質素に見える建物。

建物は平屋で、そうたくさんは宿泊できない広さの建物(使用人はいなかったのか)。

清の皇宮などに比べるとずいぶん質素に見えるでしょう。

新婚でさえあれば、そんなことは気にならないんですかねえ。

 

愛新覚羅家は、清から満州国の皇族となっていきましたが、海からは遠い地にいたので、

海の近くのこの場所を選んだのかもしれません。

今では道路と埋立地が広がっていて想像するのは難しいけれど、昔は眼前に海が広がっていたはずで、別荘が建ち並ぶぐらい美しい景色だったのです。

ただ、今は汚い汚い道路が見えるばかりです(´ω`)

 

f:id:aurakei:20171126194919j:plain

小さいながらも洋室もあります。

 

f:id:aurakei:20171126195125j:plain

庭。広くはありません。隣は浅間神社

ちなみに富士山御神体浅間神社は、東京湾を挟んで富士山の方面を向いて建てられています。(Google Mapを見る限り、少し方向がずれてる気がするけど)

富士山も、おそらくここから見えたんですね。

 

f:id:aurakei:20171126195210j:plain

離れ。

どれを見ても、大正時代の別荘建築の枠を超えないものばかり…。

皇弟の家、と思って行くと質素さにびっくりし、

予備知識無しに行くと、さすがお金持ちの別荘、立派だ、と思うでしょう。

 

★*.+゚auraの子育て日記

 

この時期、寒いので、手が冷たくなりますよね。

 

お風呂に入る裸の我が子にわずかでも冷たい手で触れようものなら、

ギャンギャン泣き喚かれます。

 

それで、触れる前にお湯で手を温かくしてから、抱え上げたりしますが、

作業をしているうちにまた冷たくなってくる手…(´Д` )

 

あれいったいみなさんどうしてるんでしょう。いい解決方法が思い浮かばないんですが(初冬なのにすでにつまづく)

 

おしり拭き温め器があるように、御手手温め器も発売してはいかがでしょう、COMBIさん。

No.150⌒★【千葉市】白と黒の美浜文化ホールと黄昏泣きのお話

千葉市の幕張地区は、どこも区画が大きく取られていて、広い道路、広い歩道、広いオープンスペースの街になっています。

 

ただ。

 

そのために。

 

目的地まで遠い!(`´)

 

広い道路、広い歩道、広いオープンスペース…どこも通り過ぎるだけでかなり時間がかかります。

鉄道交通が発達してるのにも関わらず、ここは自動車メインの街づくりがなされているのです。

広すぎて徒歩では過ごしにくい街・チャンディガール(チャンディーガル)(コルビュジエ設計)を思い浮かべてしまいました。

 

検見川浜駅から、

f:id:aurakei:20171123214033j:plain

600mほど歩いて行くと、美浜文化ホールの建物が建っていますが、駅からここまで3つの建物しかなかったですね…(´Д`)

 

美浜文化ホールは小泉アトリエ他が設計したグッドデザイン賞も受賞した建物です。

濃い灰色の縦縞模様の建物。

f:id:aurakei:20171123214845j:plain

縦縞にはこだわりがあるようで、窓があっても、途切れさせることはありません!(非常時は脱出できるのだろうか)

 

f:id:aurakei:20171124211348j:plain

裏側は濃い灰色、表側は白い建物でした。

こちらも縦の線が多い外壁ですね…。

 

f:id:aurakei:20171124214520j:plain

縦の線縦の線縦の線縦の線…縦の線を一度意識してしまうと縦縞ばかりが目に付く建物です。

窓枠の形も太かったり細かったりランダムだし、「林」をイメージして作られたデザインですね(たぶん)。

 

★auraの子育て日記(生後3か月)

黄昏泣き

 

黄昏泣き、というだけあって、この頃の赤ちゃんは毎夕毎夕毎夕毎夕毎夕毎夕まあ飽きもせず泣き続けます。

機嫌が良くても豹変して泣き、

疲れてなくてもいきなり泣き出し、疲れてももちろん泣き、

お腹が空いててもお腹が満たされても、何しても黄昏時には泣き喚くのが黄昏泣き

(防ぐのは新米パパには不可能)

 

最初は小さく泣き始め、だんだんだんだんその声は大きくなります。(途中寝たりします)

音楽記号で書けば、

 

cresc.‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

になりますね。cresc.はクレッシェンド。中学校の音楽の授業で習った、「だんだん強くなる」記号ですね。

横に長く伸びた「く」の字の記号で習ったかもしれません。

鳴き声はだんだん大きくなっていき、

20分後ぐらいにはMAXに達します。(´Д`)

立たせてみると、立てないはずのわが子が、蛙飛びをするほど激しく足を動かします。(筋トレにいいのではないか)

 

ただひとつだけ、

MAX泣きの赤ちゃんを泣き止ませる方法があり、

それは、蛇口から出る温かいお湯に足を浸してやることです。(夏は冷水)

コロッと泣き止みます。

それ以外はとにかく嵐の過ぎ去るのを待つしかありません。そして毎夕毎夕泣き続けるので、こちらも慣れて、少々泣いただけでは動じなくなります。

 

思うに、

天上の生まれる前の世界では、

夕方4時頃から鬼がやってきて、前世の悪事を責めて拷問を繰り返す時間だったんだと思います…

そう思うほど、あらぬ方向を見ておびえるように泣いています。(;´・ω・`)