読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.98⌒★ナゴヤドームを呼び込む大学【名古屋市東区】

f:id:aurakei:20170521210558j:plain

ナゴヤドーム

設計竹中工務店施工には竹中工務店に加え、珍しく三菱重工も加わっています。重工業なのに…。

このドームは建築物というよりも、重工業と建築物の間ぐらいのものなのかもしれません。

同じく重工業なのか、建築なのかあいまいな船なんかと同じ。

他の数あるドーム球場では重工業が施工チームに加わっているなんてことはなさそうです。

三菱重工が関わっている最大の要因は、

元々ここが三菱重工の工場だった、ということにあります!それだけかい…

 

三菱重工 ナゴヤドーム」などと検索すると、心霊スポットとして紹介されていると思います(´Д`)。

なんでも、軍需工場だったこの場所は空襲の目標となり、何人もの人が亡くなったのでその霊が出るとか言っているんですが、

空襲で残虐に殺された→怨念となったり、死んだことに気づいてない霊が彷徨っている→霊がうようよ、などの短絡的な話で、もう聞くのもうんざりです(´_ゝ`)。

 

建物を巡る旅をしていると、そういう話がうなるほどたくさん出てきます。

今のところ、何ともないからつまり、霊なんてどこにも居ないんでしょう。そう思うようにしています。

ナゴヤドーム時代以降の、川上憲伸も、福留孝介も、落合監督もピンピンしているので、霊は存在しません。

 

f:id:aurakei:20170521212942j:plain

ナゴヤドームの最寄り駅、ナゴヤドーム矢田駅(地下鉄名城線)の近くには、

名城大学

があります。

天白キャンパス、八事キャンパス、可児キャンパス、ナゴヤドーム前キャンパスとあるうちの、もちろんナゴヤドーム前キャンパス

他のキャンパス名は関東圏の人にとって難読地名ですが、天白はてじろではなく「てんぱく」、八事はやじではなく「やごと」、可児はかじではなく「かに」と読みそうです。

 

f:id:aurakei:20170521215112j:plain

門も無いオープンな大学構内。

ナゴヤドームでライブがあると、そのアーティストの音楽が流されていて、ウェルカムな雰囲気になっていることでしょう。

つまり野球やライブ前の待ち合わせとか、時間を潰すのにとてもいい大学なのです。

 

f:id:aurakei:20170521215632j:plain

ウェルカムなのは、大学内のこの、

食堂兼カフェ「MU GARDEN TERRACE」。

休みともなれば外では子供たちが走り回り、ママたちはここで休憩したりしています。

平日はもちろん、学食として利用。

MU(むー)って何でしょうね。名城ユニバーシティのことですかね。

GARDEN TERRACEは、外で子供たちが遊びまわっている広場のことですね。

 

f:id:aurakei:20170521220845j:plain

おしゃれな店内。水コーナーもカラフル。

 

f:id:aurakei:20170521220955j:plain

学食と考えると、高い値段設定だと思います。

ただ、これは休日メニュー名古屋ドームへ行く、金持ち社会人の群れから巻き上げるためのメニューですね。

普段はランチ650円、丼ぶり430円などで買えるようです。それでも少し高い気はします。

 

f:id:aurakei:20170521221453j:plain

この学校は特にサインが美しいです。

ゴミ箱のデザインとも一体化し、壁の角も丸くして柔らかい印象にされています。

 

f:id:aurakei:20170521221759j:plain

男はこっちのサイン。

 

f:id:aurakei:20170521221826j:plain

図書館もきれいな感じです。

 

東京ドームの近くに、こんなスポットがあったら人でごった返して行きたくもないスポットになっていると思いますが、

意外と人の少ない名古屋だからこそ、

こんなにゆったりとした場所が生まれたのです。

No.97⌒★透き通る建物【名古屋市東区】オアシス21、布池教会

f:id:aurakei:20170514211224j:plain

名古屋テレビ塔の上から見えた、この施設…

この施設が新たな名古屋のスポットになっているようですね。

水色の屋上を人間がぐるぐる歩き回っているように見えます。

あの上に突き出た水色の2階部分は、その下の青い窪みに、ぴったりとは、、はまりそうにない形の違うものにも見えて少し気になったりもします。

 

f:id:aurakei:20170514211325j:plain

この、

オアシス21

大林組設計施工2002年に竣工しているようですね(;´Д`)。

結構、前に建てられたものです…名古屋のことは関東ではあまり情報が伝わってこないのか、全く知りませんでした。

東京だったらアド街で取り上げられ、ZIP!やらめざましテレビやらでも取り上げられまくって知らない人なんかいないんでしょうね。

それとも、知らないのは自分だけなんでしょうか…( 'ω' ;)

 

f:id:aurakei:20170514211600j:plain

貝のようにパックリ開いた半地下部分はボールパークのような遊具がたくさんのイベントスペースになっていました。

残念ながら、この遊具はGW限定のようで、いまは撤去されて違うイベントをやっていることでしょう。

 

f:id:aurakei:20170514212143j:plain

下へ降りて、上を見上げてみると、

シースルー気味、半透明の廊下に写った人々の足跡でいっぱいです。エレベーターを待っている人の群れを下から覗きあげています。

もう少し透明度が上がると、確実に苦情がくるレベル。

もしかすると、設計中に、この強化すりガラス(?)の透明度については何度もモックアップなんかを作って確かめたのかもしれません。

透明過ぎてもだめ、不透明すぎても嫌だ、という話題になったのではないか、と思います。

その結果、足だけ写り込む、この半透明感に仕上がったのです。(以上、全部推測)

 

f:id:aurakei:20170514212416j:plain

上の階には、真ん中に地下水をくみ上げたという広い水盤があって、

そこの周りをパドックのようにぐるぐる歩き回るだけの施設のようです。

周りは公園でビルの圧迫感はないし、のんびりするにはいいと思います。ただ、のんびりする、周りを眺める、以外には特にやることもないのです。

 

f:id:aurakei:20170514212633j:plain

水盤の向こうには名古屋テレビ塔が見えます。

 

オアシス21は、サンシャイン栄の観覧車スカイボートと同じく、

周りから見て楽しむ方が良い施設だと思います(どちらも夜はライトアップが美しいらしい)。

ここはただ、ぐるぐる回って終わりなのです。観覧車スカイボートもオアシス21も…。

 

f:id:aurakei:20170518211745j:plain

地下鉄で栄町駅から新栄町駅へ。

ここには、まちなかにひと際目を引く双塔尖塔があります。

f:id:aurakei:20170518212033j:plain

この建物は国の登録有形文化財

カトリック布池教会

と言い、司教座聖堂と呼ばれます。

司教座聖堂とは大聖堂のこと。

大聖堂とはカテドラルのこと。

カテドラルとは司教座聖堂のことらしいです(;´Д`)。

 

司教様が座る椅子がある聖堂が司教座聖堂ですね。

ここは、贅沢なことに聖ペテロと聖パウロの二人を保護聖人としています。

ペテロはシモンと呼ばれていましたが、イエスから岩を意味するペテロと名付けられました。

ペテロはイエスに、私は岩の上に教会を建てる!と言われたそうです。

頑丈な教会を建てたかったんでしょうか。

 

パウロはサウロと呼ばれていましたが、当初キリスト教徒を迫害していました。しかし、天のイエスの声を聞き、回心してキリストの教えを熱心に伝え始めました。

しかし、ペテロとパウロは、皇帝ネロの時代に迫害され殉職しました…という二人のようです。

キリスト教は、いつも暗い話なのでコメントに困ります…。ペテロなどは逆さ十字架で処刑されてしまったようです。

 

f:id:aurakei:20170518214040j:plain

骨組みだけ、編み込んだような尖塔で、透き通っています。

こちらも、シースルー。文字通り、尖塔を通して向こうの空を見ることができます。

 

f:id:aurakei:20170519214037j:plain

迫害もない平和な時代。

ペテロとパウロの白い教会は今日も何事もなく、おだやかに建っていました。

No.96⌒★栄の町を観覧しよう!【名古屋市中区】スカイボート、三越屋上

名古屋市栄には観覧車「スカイボート」があります。

f:id:aurakei:20170513181751j:plain

ビルの側面に…(´Д`)。

普通、観覧車と言えば、独立して立っているか、ビルの屋上に立っていると思っていたけど真横に立てるのは珍しいと思います。

 

このビル、サンシャイン栄京楽のグループ企業、つまりパチンコ店系列の会社ですね。

1階と地下1階に当然、パチンコ店が入っていますが、禁煙のはずの観覧車乗り場がある3階が何となく煙草臭いのが気になります(;´Д`)。

パチンコ店の煙は全館空調で上へ上へ3階まで漂ってくるんでしょうか。

それとも僅かな隙間を伝ってしみ出してくるのか、それとも3階のバックルームでスタッフたちがガンガン煙草を吸っているのか、いずれにせよ、なんとなく臭い3階です。

下にパチンコ屋があるということで、パチンコ屋=煙草、の思い込みの図式でほんとうは存在しない煙草臭を自分の頭の中で作り出しているのかもしれませんね。いずれにせよ、なんとなく臭い3階なのです…。

 

サンシャイン栄は日本設計による設計、施工は竹中工務店で2005年に竣工しました。

 

f:id:aurakei:20170513182844j:plain

メンズキャラクターたちが出迎える観覧車入り口。

 

入り口近くにある500円両替機で500円に両替して、

その500円硬貨を自動改札機みたいなところに挿入して中へ入ります。

自動改札機横のお兄さんから、イケメンキャラクターのしおりをもらって行きます。

 

f:id:aurakei:20170513183735j:plain

ゴンドラの扉にもあのキャラクターが描かれていますねえ(;´Д`)。

特に必要としてないんですが…

ゴンドラ内でも、その関係の動画を見させられます。

 

f:id:aurakei:20170513183915j:plain

GWど真ん中だったので混んでるかと思いきや、ガラガラだった観覧車。

頂上ではそれなりの眺望ですが、低いところでは向かいのカラオケ店でおっさんが熱唱している姿しか見えないのです。

気持ちよさそうに熱唱している、おじさん。見られてるとも知らずに…( ˙-˙ )

 

f:id:aurakei:20170513184140j:plain

頂上部ではなかなかの景色ですがテレビ塔展望台よりは低く、比較すると眺望の良さはそれほどでもないでしょう。

テレビ塔展望台は観覧車より一回り、上。

ビルに横づけされた観覧車を見かけないのは、眺望上の不利にあるんですね。

 

f:id:aurakei:20170513184431j:plain

えー、右からドン・キホーテ内のカラオケレインボー、カラオケビッグエコー、ひとつ置いてカラオケ館と並んでいます。

サンシャイン栄のとなりにもジャンカラがあり、道を挟んだ隣区画にはカラオケJOYJOY、斜向かいの区画にはまたもやジャンカラ…名古屋でカラオケを探しているのならば、このエリアに行けば選び放題ですね。

 

 

f:id:aurakei:20170513190454j:plain

観覧車はビルの屋上に鉄骨を横引きして大掛かりに支えていました。

 

f:id:aurakei:20170513191247j:plain

観覧車スカイボートの中からは、向こうに見える別の観覧車を見ることができるでしょう。

 

f:id:aurakei:20170513191338j:plain

この観覧車は国の有形文化財登録されている、

「オリエンタルビル(三越)屋上観覧車」。

現在は三越に賃貸しされている建物の屋上です。

残念ながら、この観覧車は2005年をもって営業を終了しました。

1956年昭和31年に開業。

およそ50年にわたって営業を続けて来たことになります。

 

四つ脚の鉄骨と鉄骨の間に、観覧車がある円形の鉄骨群を挟み込んでいます。

 

f:id:aurakei:20170513192606j:plain

時が止まってしまった観覧車。

サンシャイン栄のスカイボートと比べると驚くほど小さな基礎です。

 

f:id:aurakei:20170513192730j:plain

三越屋上観覧車の向こうには今も元気に動いているサンシャイン栄のスカイボートが見えます。

引退と現役の観覧車。

スカイボートが引退する時には、何が現れているんでしょうか。

No.95⌒★名古屋の門【名古屋市中区】東別院・テレビ塔

大須観音がある、

名古屋市中区大須近辺は、古くからの建物もたくさんあります。

 

f:id:aurakei:20170511202714j:plain

f:id:aurakei:20170511202737j:plain

少し歩いただけで、2軒の古い建物!

(でもこの2軒だけかも…)

まあ、とにかくこのあたりは、名古屋の中でも古いエリアなんでしょうね。名古屋の中心部なのに。

 

f:id:aurakei:20170511202939j:plain

真宗大谷派の巨大な名古屋別院もあります。

名古屋別院ですが、東別院とも呼ばれています。近くの地下鉄の駅も東別院駅

 

それに対して、真宗本願寺派名古屋別院西別院と呼ばれています。

浄土真宗の中でも最大の宗派の本願寺派が西別院、大谷派が東別院として、すぐ近くに建ち並んでいるのです。

 

京都でも同じく、本願寺派の本山・西本願寺が西にあり、大谷派の本山・東本願寺が東に建ち並んでいます。

京都東西本願寺の先には京都御所があり、名古屋東西別院の先には名古屋城があります…。

他にも、たとえば岡崎市の場合は本願寺派西別院が南(南西)に、大谷派東別院が北(北東)にあってその間の道を通って行くと、岡崎城があります。

東西真宗寺院は、城の門なんですね(*‘∀‘)。

西本願寺は、仁王様と同じく阿吽の呼吸で城を守護しているのです(知らんけど)。

 

東別院駅まで歩いて来たので地下鉄に乗って北上します。栄駅下車。

ここには、名古屋城の新たな門が建っています。

 

f:id:aurakei:20170511215632j:plain

それが、

名古屋テレビ塔

 

テレビ塔としては東京タワーと同じく、登録有形文化財になっています。

テレビ塔の真下には、ものすごい行列が、、テレビ塔に登るための行列かと思ったら、カフェの行列でした…。

なんでもアメリカフェというアメリカっぽい名前の紛らわしい韓国のパフェのようです。

 

その行列を横目に(全く興味なし)、テレビ塔の方へ行くと、行列はほぼありませんでした(´Д`)。

テレビ塔でもドニチエコきっぷが役に立ちます。

これを持っていると100円割引の700円→600円になります。

券売機にも600円の券がありますがそちらでは買わず、近くにいるお姉さんに申し出ましょう!(券売機の方はたぶん違う)

 

f:id:aurakei:20170511215712j:plain

ニューヨークセントラルパークみたいな久屋大通りが一望出来て、とてもいい眺め。

 

f:id:aurakei:20170511220109j:plain

中央の名古屋城と、

 

f:id:aurakei:20170511220013j:plain

名古屋市役所(奥)、愛知県庁(手前)は名古屋城とデザインを合わせていることがよくわかると思います。

名古屋城名古屋市役所愛知県庁棟も緑青が美しい銅板葺きの屋根が特徴です。

 

f:id:aurakei:20170511221144j:plain

高松伸みたいな設計の建物がっ。

 

場所からして、「スズワン02ビル」というビルらしく、調べてみても、「有名建築家が設計したハイセンスなスズワン02ビル」としか書いていません…(´Д`)

いったい有名建築家とは誰なんでしょう。

上から見てると時としていろんな発見をすることがありますね。

まあ、有名建築家と言ってる時はたいてい有名でもない人だったりするんですが…。

No.94⌒★巨大寺社集積する大須観音ゾーン【名古屋市中区】

名古屋は行くところがないと、

誰が言ったー!

 

名古屋は行きたくない街ナンバー1、とか

観光するところがないと散々に言われてるから、そんなものかな、と思ってました。

 

名古屋の人が、知人を名古屋観光案内していて、「名古屋はこんなものしかないんです、すみません」と謝ってる姿も見ました。

名古屋に名古屋城レゴランド以外に行くところはあるんでしょうか。

 

 

結論:

行くところがありすぎて、2日間では足りるはずもありませんでした…(´Д`)。

川崎市さいたま市は2日間でも十分どころか余ります…

 

f:id:aurakei:20170507213357j:plain

名古屋駅で降りたら、

まずドニチエコきっぷを買いましょう(必須)。

土日は600円で地下鉄と市バスに乗り放題。

平日は850円で乗り放題。(祝日は調べてね)

地下鉄が1回200円はかかるので、3回も乗ればお得だということになります。

 

きっぷを買ったら、地下鉄東山線に乗車しました。

ちなみに、名古屋~栄駅間の東山線は信じられないほどの混雑ぶりです。

栄から出ている山手線みたいな環状線、地下鉄名城線もかなり混雑(GWだから?)。

でも、町なかに出てみたら東京ほど人はいなくて閑散としているし、観光地の行列も大したことないし、名古屋駅と栄駅周辺のあの、人の集中ぶりはいったい何なんでしょう。

 

まずは地味なところから回ります(鉄則)。

降りられないほど人の多い地下鉄の列車から何とか降りて、伏見駅で乗り換え。大須観音駅下車。

f:id:aurakei:20170508221811j:plain

大須観音駅というだけあって

大須観音

が近くに建っています。

じゃらんによる、愛知の神社・神宮・寺社ランキングでは熱田神宮豊川稲荷に次いで3位に位置するお寺です!

でも全然知らないなあ…(´_ゝ`)

2位の豊川稲荷も知りません。本当に有名なんでしょうか…。

 

大須観音は日本三大観音の一つ、そしてその経蔵は日本三経蔵の一つでもあるそうです。

 

f:id:aurakei:20170509210714j:plain

その近くに

本願寺の西別院

がありますが、

その姿はインド風。

思えば、築地の本願寺もインド風のデザインでした…。

 

f:id:aurakei:20170509215301j:plain

築地の本願寺と比べると、こざっぱりしています。

普通の建物にインドらしいものを乗せただけ、という気もします。

本家(?)築地本願寺伊東忠太の名作建築には敵わない出来栄えですね。

f:id:aurakei:20170510061541j:plain

広い堂内。椅子が並べられていて、椅子の後ろに賽銭箱があるのも築地本願寺風です。

忠実にマネしたのかな…?

 

この辺りは寺街となっていて、

f:id:aurakei:20170510063036j:plain

崇覚寺(そうがくじ)

もそのひとつ。

 

f:id:aurakei:20170510063109j:plain

植物がたくさんあってとにかく美しい境内。

境内は表通りと裏通りの通り道のようになっていて、

その通路が植物のトンネルになっている、こじんまりとしたお寺です。

 

f:id:aurakei:20170510063229j:plain

 

f:id:aurakei:20170510063249j:plain

境内が美しすぎて、登録有形文化財となっている、本堂にあまり目がいかないお寺ですね( 'ω' ;)。

写真には写りませんがユスリカがこんもりと丸くなって、たくさん飛び回っています。

名古屋市の中心部ですが、植物にとっても虫にも人にも、ここはオアシスになっています。

No.93⌒★再建新築吉田茂邸【大磯町】

f:id:aurakei:20170506085652j:plain

池の向こうに見えるのが、新築された吉田茂邸。

この心字池を中心とした

池泉回遊式の庭園

になっています。

その、中心の肝心の池は、茶色ににごって汚れきっています…(;´Д`)。池以外はきれいですよ、何せ新装した公園なので。

庭園自体は中島健という人の設計です。

 

f:id:aurakei:20170506085806j:plain

お堂の向こうに見えるのが、新築された吉田茂邸。

お堂は七賢堂と呼ばれ、七賢とは岩倉具視大久保利通三条実美木戸孝允伊藤博文西園寺公望吉田茂のことだそうです。

 

f:id:aurakei:20170506085911j:plain

吉田茂像の向こうに見えるのが、大磯の長いロングロングビーチ

像は大磯の海を見ず、自邸も見ず、遠く遠く平和条約を結んだサンフランシスコを向いています。

 

f:id:aurakei:20170506090051j:plain

美しい庭の向こうに見えるのが、

吉田茂

公園の入場料は無料ですが、吉田茂邸は500円の入館料がかかります。

吉田茂は、大戦の終戦頃、この地に私邸を構えました。

総理大臣になったのが、1946年。つまりこの家は吉田茂が頂点に上り詰めたその頃に建てられ、日本の戦後を支えて来た家でもあります。

その後、火災により吉田茂邸は焼失、2017年の4月に一部を再建した形で旧吉田茂邸としてOPENしました。

 

吉田茂って、高度成長期の人だったか、安保の頃の人だったか、と思ったら戦後すぐの人だったんですね。

この公園を訪れる人たちは、ある一定の年齢層の人たちがほとんどです。

リアルタイムじゃなくても親世代あたりから、吉田茂のことを聞かされて育ってきた世代の方がたくさんやって来ていました。

 

f:id:aurakei:20170506090351j:plain

食堂

ここは広い庭園が一望できる一等地です。

 

f:id:aurakei:20170506210221j:plain

食堂の壁は柔らかいビニール地になっています。

 

f:id:aurakei:20170506224052j:plain

天井に透明の防煙の垂れ壁みたいなものも設けられていますね。住宅というより博物館などの用途でしょうか。

火災報知機もエレベーターも完全装備。安全性、バリアフリー度は増していますが、その分どこまで忠実に再現してあるのか分かりにくいところもあります。

バリアフリー法は時として、文化を破壊します。

 

f:id:aurakei:20170506210950j:plain

2階の金の間は寄棟みたいな舟形天井。金色の目地、ナチュラルブラウンの木材。

非常照明などは目障りです。

 

f:id:aurakei:20170506211602j:plain

襖引手は金色、金箔を散りばめています。

 

f:id:aurakei:20170506211810j:plain

その隣の銀の間は平天井。銀色の天井、続き間なので床材は同じ。

金の間と銀の間の間は下がり天井になっていて、天井仕上げを切り替えています。

 

f:id:aurakei:20170506212006j:plain

襖は銀箔を散りばめていますが、引手は真っ黒です('Д')。

銀色じゃないんだ…。

金の間銀の間のある新館は吉田五十八による設計です。

 

f:id:aurakei:20170506212615j:plain

掛かっている額は、

人々の知識を開いて世の中の事業を成就させることの意味、

それでもって東大合格者数が最も多い、開成高校の名前の元ともなった言葉、「開物成務と書いているのだと思います。

ちなみに、設計の吉田五十八開成中学校の卒業、施主の吉田茂開成学園とは無関係の人物です。

まさか、自分の学校の言葉を吉田五十八がここに掲げたんでしょうか…。

 

f:id:aurakei:20170506222435j:plain

吉田茂サンフランシスコ平和条約という、世の中の事業は成功させましたが、

バカヤローの一言などで、支持を失っていきこの家の求心力も無くなっていったのです…。

No.92⌒★藤村晩年の庵【大磯町】

f:id:aurakei:20170502073049j:plain

鴫(しぎ)はもういない鴫立庵から、少し海から遠ざかったところに、

島崎藤村の旧居

があります。

住宅が密集した一角にあって、海は見えません。

 

島崎藤村は詩人として、また小説家として「破戒」などの作品を出しました。

被差別部落に生まれ、生涯そのことを隠し通すようにとの父よりの戒めと、部落出身だろうと周りから言われる圧力の間で苦しむ瀬川丑松の物語ですが、

「穢多」などの用語が出てくるので、

その作品自体も差別的だという批判とその逆の評価の間で揺れ動くものになっています。

 

この藤村旧居は、妻が亡くなり、

姪のこま子との許されぬ愛(その後フランスに逃亡)が勃発し、

さらに再婚し、という人生を送った島崎藤村最晩年の2年間だけ住んだ家で、余生を送った家です。(71歳で死去

藤村は実際の人生でも小説並に波乱万丈な人生を送っているんですね…( 'ω' ;)

「こま子との愛が再燃」なんていう出来事もあります。

 

f:id:aurakei:20170502191728j:plain

波乱万丈な藤村はシンプルな部屋に住んでいました。

天井の目地がずれているが気になりますが、他は特に気になるところはなし。

部屋内には入れず、外から眺めるのみになります。

 

f:id:aurakei:20170502192254j:plain

小さい庭。

大まかには植栽など当時のままなようです。

 

藤村はこの家に2年住んで亡くなりましたが、

f:id:aurakei:20170502192852j:plain

近くの地福寺に、

藤村の墓

が残っています。

建築家の谷口吉生氏の父、谷口吉郎氏によって設計されました。建立したのは1949年昭和24年のことでした。

島崎藤村が亡くなったのは1943年の戦時中のことだったので改めて建立したのかもしれません。

幅に対して細い墓石でシャープな美しい墓です。

 

f:id:aurakei:20170502193643j:plain

隣には一回り小さな、再婚した妻静子さんの墓があります。

こういう時、早くに亡くなった最初の奥さんはどうなるんでしょう…。

 

f:id:aurakei:20170502215523j:plain

藤村旧居やそのお墓がある大磯駅周辺から西へ、バスに乗って城山公園までやってきました。

ここには広い公園と郷土資料館がありますが、

最近、この公園の隣に、

吉田茂邸エリア

が新規OPENしました。

 

城山公園は、庭園は水が汚く、

見晴台は酔っ払いが占拠していたり、

見るべきところは少ないですが、城山というだけあって小高い山を生かした木々に囲まれる公園になっています。

 

それに対して吉田茂邸エリアは見るべきところはたくさんあります。

f:id:aurakei:20170505080617j:plain

屋根に曲線状の切り欠きがあったから兜門…

 

f:id:aurakei:20170505080743j:plain

…の切り欠きは門の裏を見ないと分かりません。その兜門から入場。

 

f:id:aurakei:20170505080913j:plain

きれいに整備された庭園ですが、水質は最悪。

OPENしたばっかりじゃないの…?( 'ω' ;)

汚い水の城山公園と管理者が一緒なんですかね…今は美しい吉田茂邸エリアですが、いつか城山公園と同じくあまりきれいでない公園になって行くのかと思うと残念です。