建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.80⌒★徳川秀忠と西武のプリンス【所沢市】狭山不動尊

f:id:aurakei:20170331202102j:plain

狭山山不動寺・狭山不動尊

山口観音の隣にあります。

ここは、西武王国なので、レジャー施設は徒歩圏内に全て揃っているのです。

狭山不動尊も、もちろんレジャー寺社。

開基は、堤義明です。

堤義明41歳頃の1975年昭和50年に建てられました。

世界一の金持ちは、寺ぐらいすぐ建ててしまうんですね。

 

f:id:aurakei:20170331210626j:plain

エントランスは、芝増上寺にあった勅額門で徳川秀忠の廟だったものです。

重要文化財

「台徳院」という後水尾天皇の勅額を掲げているので勅額門と言われます。

徳川家のものだけあって、きらびやかな装飾に包まれています。

 

f:id:aurakei:20170331211224j:plain

重要文化財でも次々進みます(いっぱいあるから)。

次は

御成門

やはり重要文化財。これも徳川秀忠の廟、つまり芝の増上寺に建てられていたものです。

やはりきらびやかな装飾、釘隠しには徳川葵の紋章がふんだんに使われています。

 

f:id:aurakei:20170331212722j:plain

丁子門。

やはり、重要文化財

これは秀忠の霊廟のものではなく、江として知られる、崇源院の芝増上寺の霊廟から持ってきたものです。

 

江は浅井長政の三女で、

長女が有名な豊臣秀吉側室の「茶々」、次女は京極高次に嫁いだ「初」で、その三女になりますが、最初は豊臣秀勝に嫁いでいました。

つまり、再婚なんですが、秀忠との間には3代将軍家光を含む7人もの子を産んだので仲睦まじかったのではないでしょうか。

 

f:id:aurakei:20170401192442j:plain

徳川秀忠堤義明

堤義明の父は、堤康次郎堤義明は、その三男です。

徳川秀忠の父は、徳川家康徳川秀忠は、その三男です。( ・ω・)

 

父の堤康次郎西武グループを一代で作り上げた、カリスマ経営者。

父の徳川家康徳川幕府を一代で作り上げたと言ってもいい、カリスマ大名。(*•ω•)

 

堤義明は、西武鉄道グループの2代目経営者。

徳川秀忠は、徳川幕府の2代将軍。(゚Д゚;)

 

堤義明は、堤康次郎の妻ではない内縁関係の女性の子。

徳川秀忠は、徳川家康の側室の子。(°Д° )/

 

堤義明と、徳川秀忠は共通点が多いのです。

戦災で焼け残ったこれらの門を、何としても西武グループの総本山、所沢に持ってきたかったんじゃないでしょうか。

徳川幕府徳川秀忠以降も、二百数十年間、存続したのです。

もしかすると、

堤義明は、西武鉄道グループの永い繁栄を願って、この門を手に入れたのかもしれません。

 

寄せ集めの狭山不動尊

f:id:aurakei:20170401194125j:plain

第一多宝塔。第一ということは第二もあります。

第一多宝塔は埼玉県の有形文化財で、大阪府高槻市から持ってきたもの。

第二多宝塔兵庫県から持ってきたものです。

 

f:id:aurakei:20170401194643j:plain

羅漢堂と唐金灯籠

奥の羅漢堂元勲・井上馨にあったものを移設してきた、と書いてあります。

手前に並ぶ、唐金灯籠増上寺秀忠霊廟にあったもの。

ここの山門は、田中平八郎の邸から持ってきたもの。

寄せ集めの集大成みたいな区画になっています。

唐金灯籠の唐金は、金という言葉が入っていますが、青銅のことです。いわゆるブロンズ。

 

他にも彦根市から持ってきた弁天堂や、奈良極楽寺からの弁天堂奈良桜井寺からの桜井門などがあり、すごいラインナップなんですが、

f:id:aurakei:20170401200052j:plain

本堂がいかにも普通っぽいのが、いつも謎に思っていました。

 

どうやら、

本堂も元々は京都東本願寺から移築されてきた

ものだったのが、焼失してしまったものらしいですね。

もはや、どこかの寺から1流本堂をスカウトしてくる財力はなく、普通の本堂となってしまったようです。

ユネスコ村の失敗が色濃くなってきた2001年の不審火だったのです。

そして、堤義明の失脚ももう少しだったのです。

No.79⌒★レジャー施設的金乗院山口観音【所沢市】

真言宗吾庵山金乗院放光寺(山口観音)

f:id:aurakei:20170329203320j:plain

山口観音は水子供養の寺でもあるようで、

本堂裏の斜面に広大な仏像が置かれています。

小さく、妖精のような仏像がたくさん。

妖精のまま、生まれることなく、空へ上っていったのです。

 

f:id:aurakei:20170329205002j:plain

この穴は、

何度お金を落としても、落としても、

ボトッ…

ボトッ……

という音しか鳴らないんですが、水子地蔵群の頂上にあります。(騙されたか…)

 

f:id:aurakei:20170329211614j:plain

龍が手すりになっている階段を登って行くと、

 

f:id:aurakei:20170329212610j:plain

が建っています。

法隆寺夢殿みたいな八角の塔。

この八角形の角はそれぞれ、東西南北、北東、北西、南東、南西の八方角を向いています。

八は全ての方角、つまり宇宙そのもの、無限を表しているんですね。

龍も、八部衆の一つで阿修羅や夜叉などと共に仏法を守護します。

 

五重塔は跳高欄がぐるりと取り囲み、細部は簡易的で現代的なデザインに見えます。

 

f:id:aurakei:20170329215915j:plain

その五重塔の下にある仏国窟

四国八十八カ所霊場

を回ったのと同じ効果があるようです。

八部衆の龍が守る八角五重塔の下には八十八カ所霊場があるのです。八だらけ。

西国三十三番札所、とも書いてありますね。

 

f:id:aurakei:20170329220816j:plain

ずらずらと並んだ仏像のトンネルは1分もかからないうちに出口に辿り着くでしょう。

暗いですが、そんなに怖くはありませんでした。

f:id:aurakei:20170329225048j:plain

武蔵野七福神めぐり

と書いてある中国風の建物(本堂隣)。

Wikipedia様によると、

武蔵野七福神は埼玉県飯能市入間市所沢市の寺院・神社の七福神めぐりで、

西武鉄道が提唱した。

とおっしゃっております。

 

結局このお寺も、西武鉄道の観光レジャー施設のひとつのようなものなのです。

その一環として五重塔も建てられたのかもしれません。

五重塔ユネスコ村が閉村し、ユネスコ村大恐竜館として再オープンした時期の1999年頃に建てられました。

西武鉄道は、レジャー客を増やすためにはなんでもやります。

 

武蔵野七福神めぐりとして、

この寺には布袋様だけがいればいいんですが、七体全部いました。Σ(・ω・;)

(めぐらなくていいじゃん)

 

七福神めぐりの他の施設は、山口観音は西武狭山線、他は全て西武池袋線から行くことができます。

(^o^)/

(一日では回れないので2日に分けて西武鉄道で巡ってね。駅からは西武バスを使いましょう。)

 

この七福神めぐりには、ご利益はあるんですかね。

 

西武鉄道へのご利益はあるんでしょうね。ごりえきが。

No.78⌒★寺と廃墟の西武ドーム周辺【所沢市】ユネスコ村と山口観音

西武ドームの周囲の建物

 

西武ドームの付近は、いろいろな建物が点在しています。

f:id:aurakei:20170326200556j:plain

この辺りには、狭山湖多摩湖という人造湖がありますが、多摩湖の方を造るときにあった、慶性院の山門、

慶性門

だけが、ここに移築・保存されています(ちなみに東大和市)。茅葺の長屋門で幕末頃の建築物。

 

f:id:aurakei:20170326201457j:plain

多摩湖を見つめる

だいだらぼっち(大多羅法師)

も、ここにいます。

だいだらぼっちは巨人ですが、山梨県の土を盛って富士山を造ったりするほどなので、こんな小さな顔ではないはずです。 (山梨県を削った結果、盆地に)

だいだらぼっちは山を造ったりして近くの土地を掘った結果、湖になったり、盆地になったりしています。

この、多摩湖もどこかの山を造るために土を持って行った結果、生まれたに違いありません!(ほんとうは中島博士が設計した)

 

廃墟のユネスコ村跡地

f:id:aurakei:20170326203429j:plain

しかし、夢破れた西武王国の跡地は悲しいものがあります。

このAMUSEMENT PARKと書かれた建物は廃墟、その奥もほとんど使われない駐車場などがあり、車いす野球の会場と化していましたが、

駐車場も端まで行くと通路が草と蜘蛛の巣で覆われていて通れなかったりします。

 

ユネスコ1990年で終了し、その後ユネスコ村大恐竜館として再OPENした時も、野球がある日ぐらいしか客が集まらなかったように思います。

恐竜館もそのまま悲惨な状況で完全終了し(2006年)、今はところざわのゆり園などとして、ほそぼそと使用されている程度です(ほとんどは廃墟)。

 

ユネスコ村や西武ドームを含むその一帯を指した

「所沢アッハの森」

のネーミングはその後付けられたものです。

ユネスコ村の負のイメージを一回リセットする必要もあったのです。

 

山口観音金乗院

f:id:aurakei:20170327212624j:plain

近くには山口観音と呼ばれている金乗院があります。

山口観音は例にもれず行基の開基。

寺号は放光寺となっており、いったいどれで呼べばいいのか、迷います。

多摩湖狭山湖の合わさる辺りに建っており、危うく湖の底でしたね。

 

f:id:aurakei:20170327214659j:plain

本堂はやや中国風な感じもする建物です。

建物外壁はぐるぐる回るマニ車で取り囲まれています。

 

武蔵野うどん

f:id:aurakei:20170327221243j:plain

山口観音の茶店では、武蔵野うどんも食べることができます。ビールも飲めます。

おばあちゃんの手作り、みたいな文言も書いてあったので、意外と本格的なものですね。

 

所沢とその周辺では武蔵野うどんの店がたくさんあって、

f:id:aurakei:20170327221555j:plain

所沢駅から徒歩7分の武蔵野うどん店・涼太郎うどんは、

なぜかイタリアンな内装のお店でビールはイタリアビール、突き出しもイタリアンな中、

 

f:id:aurakei:20170327221702j:plain

完全和風の武蔵野うどんを食べることができます(*´∀`)。(炙りチーズうどんなども有り)

 

武蔵野うどんは、固くて、かなり腰のある太麺で、肉汁のつけ麺が多く、埼玉でたくさん採れるねぎなどの野菜が入っています。

人気店も多くて、行列ができていたり、埼玉県民(と多摩地方の東京都民)に愛されるうどんなのです。

 

山口観音の続きは、次回。

No.77⌒★【所沢市】の建築好きも訪れる狭山湖畔霊園と聖地霊園

現代建築とお墓:狭山湖畔霊園

西武ドームからやや北へ行ったところ、

西武ドームの北を通るレオライナーの路線を挟んで目と鼻の先に、

f:id:aurakei:20170323211436j:plain

狭山湖畔霊園

があります。(湖畔からは300mぐらい離れてるけど湖畔霊園)

たくさんのお墓の中に、ドーム球場のような、宇宙船みたいな建物が鎮座しています。

f:id:aurakei:20170323212020j:plain

真ん中は屋上緑化、正円でない丸い屋根が乗っている、

狭山湖畔霊園の管理休憩棟

です。設計は中村拓志氏主宰のNAP建築研究所

中村拓志氏は尾道にリボンを巻いたようなチャペルを建てたり、一目で外観に目が行く建物の設計をします。

墓地、というのは主に四角い墓石の連続なので、

その中に丸い建物があるととても目を引きますね。

 

霊魂は、真ん中の屋上緑化の木にまず降りて来て、ぽっかり開いた穴から建物の中へ入って来るのです、きっと。

 

f:id:aurakei:20170323215005j:plain

降りてきた霊魂は、中で休憩している家族や親せきや友人と、一緒に過ごすのです、きっと(知らんけど)。

それにしても内部も美しい形をしています。

 

f:id:aurakei:20170323215347j:plain

霊園の真ん中付近にある、

礼拝堂。

これも中村拓志氏の設計です。さっきとは全く違った雰囲気の建物ですね。

 

f:id:aurakei:20170323215540j:plain

入り口も三角形になっています。

 

f:id:aurakei:20170323215625j:plain

中は光が降り注ぎそうな開放的で木の質感たっぷりの礼拝堂(でも夏は暑そう…)。

この建物の地下は納骨堂。

礼拝堂、といってますが、無宗教無宗派の霊園です。

狭山湖畔霊園は西武ドームの建築面積(40000㎡)よりも大きい50000㎡の敷地に約4500区画のお墓を収容します。

墓所使用料は189万円(2.7㎡)~2400万円(24.0㎡)まで様々です!

 

芝生が美しい所沢聖地霊園

所沢にはもう一つ、有名な霊園があります。

f:id:aurakei:20170324213751j:plain

それが所沢聖地霊園。池原義郎氏の設計です。

この日は夏真っ盛りの35℃ぐらい気温がある日でした…。

とにかく暑くて、日差しを避けるところも無いので、園内に人は誰一人いませんでした。

 

f:id:aurakei:20170324213942j:plain

白と、緑で覆われた聖地霊園。

冬よりも暑い夏のイメージがする色の組み合わせです。

 

所沢聖地霊園は1974年昭和49年に開園し、

面積は26万㎡と、西武ドームの6倍以上の広さで敷地内には23000もの区画があります。

墓地使用料は、2.5㎡125万円〜で、狭山湖畔霊園より若干安い価格設定でしょうか。

 

モニュメンタルな礼拝堂

f:id:aurakei:20170326182445j:plain

礼拝堂も開園時に建てられたものです。

この礼拝堂も、三角屋根の頂部はトップライトになっています。

霊魂は、トップライトのガラス窓から入ってきて、礼拝をしている家族やら友人と交わるのです、きっと。

どこから入ってくるかはともかく、霊園に特徴的なモニュメントがあると、霊たちも迷わずに来れるような気もしますね。

霊の園では、霊が迷うようなことがあってはならないのです。

ここでは、彼らが主役です。

 

 

★あとがきのひとりごと

ぼくは花粉症ですが、まず毎年2月中旬に発症し、3月中旬には最もひどくなります、、が、3月下旬には一旦症状が8割方治まって、4月下旬頃の、みんな花粉症を忘れてしまった頃にまた発症します。(その後6月まで続く)

一番、花粉症がひどい時期に半ば治まって、花粉が無くなってきた頃また発症するという、この流れ。

ぼくはいったい、何の花粉に襲われているんでしょう…。

 

★★ひとりごと2

このあと、スマホのネット広告が、お墓の広告ばかりになりました。

この記事を書くために検索しただけだから、お墓なんていらないのに…。

検索したこと=興味のあることとは限らないんだよ、ネット広告くん。

No.76⌒★アッハの西武王国!のさわり【所沢市】まずは西武ドーム

所沢市の西武王国(アッハの森)

所沢市は、西武グループの本社が集結しています。

創業者の堤康次郎軽井沢で事業を始め、西武鉄道から伊豆の駿豆鉄道、軽井沢や箱根の開発まで広域に渡った西武王国の本拠地が、所沢。

 

西武がかつてレジャー王国を築こうとした、狭山湖周辺へは、

西武多摩湖線西武園線西武狭山線で行くことができます。

この辺り一帯は、「アッハの森」と名付けられたはずですが、定着してるんでしょうかね?

アッハのアの字も見かけなかったけど…。

 

西武園競輪場、西武園ゴルフ場

へ行きたいならば、西武新宿線村山駅から、西武園線で行きましょう。

 
西武園ゆうえんち

へ行きたい!と思えば上記の行き方か、西武拝島線萩山駅から西武多摩湖線に乗り換え、西武遊園地駅で降りるか、さらに西武レオライナーに乗って遊園地西駅で降りましょう

(;´Д`)。

 
西武球場西武ドーム

に行くためには、西武池袋線西所沢駅から西武狭山線で行きましょう。

 

分かりづらい、手あたり次第、行き当たりばったりなのが、西武王国の特徴です…。

西武線の路線図を見ると、きっと頭が悪い人が作ったんだろうなあ、と思うはずです。

是政線とか…。

 

f:id:aurakei:20170320181730j:plain

今日は新宿から西武拝島線萩山駅乗り換え、西武多摩湖線西武遊園地から

レオライナー西武山口線

で行くことにします。

 

レオライナー西武園ゆうえんちの開業に伴い軽便鉄道として敷設されたらしく、最初はおとぎ列車という名前だったみたいですね。

 

f:id:aurakei:20170320182436j:plain

軽便鉄道から、案内軌条式鉄道という形式で再整備され、タイヤ付きの鉄道、つまりバスもどきの鉄道としてレオライナーは誕生しました。

 

レオライナーは、広大な西武園ゆうえんちの移動手段ぐらいの用しかなさないので子供連れがほとんどで、

泣く子、騒ぐ子、騒ぐ子、騒ぐ子、大人しい子、うるさい子、騒ぐ子、静かな子、騒ぐ子で溢れかえっていました(´Д`)。

あとは、ゴルフの人とか、電車マニアの方が乗っているようでしたね。

 

f:id:aurakei:20170320204503j:plain

レオライナーの終点は、西武球場前駅

西武ドーム

は、野球が無い日は、つまりほとんどの日は、人よりも猫の方が多いんじゃないか、というぐらい閑散としています。

狭山線なんか、こないだ数人しか電車に乗ってなかったですね…。

 

f:id:aurakei:20170320204641j:plain

野球がある日は、このように仮設テントや屋台も建ち並び、人が集まります。

 

野球がなければ人が集まらない西武ドーム周辺ですが、王国を築こうとしていただけあって、コンテンツだけは充実しています。

西武の悪口で無駄に長くなったので次回(´Д` ))

No.75⌒★風吹く越谷レイクタウン【越谷市】中村家住宅

f:id:aurakei:20170319090934j:plain

JR武蔵野線にできた越谷レイクタウンは、広い調節池で遮るものが無いため、ものすごい北風が吹き荒れていました。

ここにあるのは、「調節池」なので、レイクではないと思うんですが、レイクタウンなんですね。

池は、pond。

湖が、lake。

調節池は、Detention pond。いや、別にいいんですけど。

 

レイクタウンのイオンモールは24万㎡で、ぶっちぎりの日本一の広さ。

2位、3位の大阪ステーションシティや、ららぽーとTOKYOベイに比べても2倍の面積があります。

さすがに、大きすぎるので、もう行く気はしません…。最後にできた棟、アウトレット棟?なんかは、人もまばらにしかいませんでした。(一応行った)

そもそもこの界隈には、人がそんなに住んでいないのです。

f:id:aurakei:20170319091631j:plain

厳しすぎる北風のせいか、新しく造られた宅地ゾーンには背の高い防風林を兼ねたらしき高い生垣が植えられています。

レイクタウンのショッピングモールがあって便利そうに見えても、ここに住むのは大変そうだと思います。

埼玉より北は、ここに限らず冬はとにかく北風が強いのです。特に、田んぼとか湖とか平坦なところは。

 

f:id:aurakei:20170319203513j:plain

レイクタウンには、越谷市指定文化財中村家住宅があります。

f:id:aurakei:20170319204407j:plain

茅葺の茅を全て金属板で覆った中村家住宅

玄関の棟、客間の棟と生活棟の3つに大きく分割されていて、立派な住宅だったことがわかります。

 

中村家住宅は、レイクタウンより北の方にあった名主の住宅を移設したものです。

その地域は埼玉県行田市にあった忍藩の領地だったとあります。

行田と越谷はずいぶん離れていますが、飛び地としての支配をしていたようです。

忍藩は播磨国兵庫県)や伊勢国三重県)にも飛び地領土を持っていて、こういう飛び地も合わせて忍藩10万石なんですね。

 

f:id:aurakei:20170319205910j:plain

奥には広い納戸があったようですが、現在は塞がれていて、「韓信の股くぐり」の故事の板戸が飾ってありました。

町で難癖を付けられた韓信は、その相手の股をくぐるという屈辱を受けながらも切り合いは回避し、その後劉邦の下で活躍していくことになります。

将来の野望や志に比べれば、少しの恥などなんてことはないのです。

 

f:id:aurakei:20170319211724j:plain

客間の奥の間は、少し質素な感じもします。

 

f:id:aurakei:20170319211240j:plain

畳敷きの玄関では、三人官女の一人、長柄を持った官女が失脚していました。

長柄を持っていないですが、さっきうろうろしている時に、なにか棒状の物を踏んだ気がします( 'ω' ;)。

長柄は酒を杯に注ぐためのものですね。重要な役割だと思います。

三人官女の他の2人は、

島台と、提子(ひさげ)。

 

「島台」の島はおそらく蓬莱島。そこに松竹梅などの目出度いものを散りばめた飾り物、それを持っています。

「提子」は、つるのある小鍋形の銚子、とあります。これもお酒を入れるものでした。

提子は鍋型になっていたことから熱燗用、長柄は冷酒用と分かれていたという話もあります。

 

今日は、寒かったので、長柄の冷酒は要らなかったんですね…。

 

 

 

★ひとりごと

たまに民進党と意見が合うと、あれっ?間違えてるのかなあ…と不安になります。

皇位継承問題は恒久法がいいかなあ、と思っていたものの、民進党も同じこと言ってるので著しく不安になりました。

No.74⌒★三島の泉のある風景【三島市と清水町】桜のある風景

三島市のたくさんの湧水

 

三島市にはたくさんの湧水が湧いていて、

その水は富士山の方からやってきます。

 

富士山に降った水は、だいたい26~28年をかけて地下を流れて三島市の地表に湧いてくると言われています(もっと長いものも短いものもある)。

今、三島市に湧いてきている水は、

イラククウェートに攻め込み、

東西ドイツが統一され、

バブル景気終わり気味の頃の、

1990年の味がするかもしれません。

 

三島駅についたら、伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り、2駅行って三島田島駅で降りましょう。

f:id:aurakei:20170315214056j:plain

オレンジと茶色の門がある、

隆泉苑表門

オレンジは枯草色ぐらいのオレンジです。

門の真ん前に車が停まっていて、この場所からしか撮ることができませんでした。('Д')

 

この四脚門登録有形文化財

 

f:id:aurakei:20170315220426j:plain

同じく有形文化財隆泉苑も、同じような色合いをしていました。

今日は、隆泉苑の中ではたくさんの黒服の人たちが法事の会食をしていました。

 

隆泉苑の隆は、鉄興社、日本カーボンなどの社長を務めた実業家の佐野隆一氏の隆の字、

隆泉苑の泉は、

 

f:id:aurakei:20170315220950j:plain

敷地内の庭園に泉があるのでそのことでしょうかね。

富士山の湧き水が混ざった川から、水を引き込んだ泉です。

 

f:id:aurakei:20170316213810j:plain

敷地の半分は、佐野美術館として整備されていて、

その他の敷地が隆泉苑庭園になっているのです。

 

その隆泉苑から、500~600m歩いた、駿東郡清水町に入ったところに

柿田川湧水群

の公園があります。

 

f:id:aurakei:20170316214307j:plain

柿田川公園湧水から発する柿田川とその周りの公園や緑地からなる、広大な公園です。

柿田川はすぐに狩野川に合流してしまうので、全長で1.2㎞しかない、一級河川としては最も短い川と言われています。

 

f:id:aurakei:20170316214901j:plain

JR東海の広告でも有名になった、柿田川の美しい湧水…ですが広告ほど美しく感じないかもしれません。

広告は、広告なんですね。時期の問題かな?

丸いところから、盛んに水が湧き出しています。

水量はかなり多く、一級河川となるのもうなずけます。

向こうの方にはわさびらしき植物が群生していて、水が無いのかと思うほど、水は透き通っています。

 

f:id:aurakei:20170317205918j:plain

青い砂からも盛んに水が自噴しています。

水が透き通っているので、砂だけに見えます。

 

湧水量1日100万トン

他の湧水池、たとえば山梨県北杜市の有名な三分一湧水は湧水量8500トン。

阿蘇の有名な白川水源は1分に60トンというので、1時間で3600トン、1日で、86400トン。たいしたことねえな…。

柿田川湧水は、湧水量では他の追随を許さない量なのです。

この豊かな湧水があるおかけで、柿田川は1.2㎞しかないながら1級河川にもなり得たのでしょう。

 

 

もしも、

の季節にここへ来たのなら、

柿田川公園からは北東にある

平清神社

へ行きましょう。

f:id:aurakei:20170317212700j:plain

湖の中の祠と、富士山の景色と共に、桜が見られるかもしれません。