読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.71⌒★こどもの国へ行こう(大人向け)【横浜市港北区】

♪横浜市♪ *神奈川県*

f:id:aurakei:20170307211659j:plain

こどもの国へ行きましょう(*‘∀‘)

 

渋谷からは田園都市線で、長津田駅下車、改札を出て、そのまま改札も無いこどもの国線に乗り込んで、2駅!

 

長津田ー恩田ーこどもの国、こどもの国線は3駅しかありません。

こどもの国線はまさにこどもの国のために造られた路線です。

長津田駅は改札が無くて、恩田駅こどもの国駅で、SUICAPASUMOや切符を使って入退場します。

 

こどもの国線には、こどもの国へ行くであろうこどもがたくさん詰め込まれていて、

泣く子、騒ぐ子、ぐずる子、うるさい子、大人しい子、寝てる子、泣く子、騒ぐ子、寝てる子、ぐずる子、うるさい子、うるさい子で車内は無法地帯となっています。

寝てる子と大人しい子は、好感がもてますね。

 

f:id:aurakei:20170307212241j:plain

広さ1000000㎡の敷地にたくさんの子供連れでにぎわっています。

この日はその広い敷地を利用して、駅伝大会が開かれていました。

広いコンビニが1000㎡なので、コンビニ1000個分(駐車場合わせて)の広さ、

東京ドームだと21個分の広さがあります。

入園料は600円。

 

f:id:aurakei:20170307212951j:plain

園内はとても人が多いのに、レストランは多くなさそうなので、入った瞬間に腹ごしらえ。

入ってすぐのセルフ式レストランでは牛乳ラーメンなるものが売られています。

クラムチャウダーのクラムが無いような味のラーメンです。

こどもの国は雪印乳業が土地を一部寄贈し、今も牧場の経営を行っています。

 

f:id:aurakei:20170308205713j:plain

そのため、園内には羊も馬も牛もたくさんいます。

 

f:id:aurakei:20170308205746j:plain

動物園(別途250円)に入れば、さらにたくさんの生き物がいます。

 

f:id:aurakei:20170308210022j:plain

クジャク舎のエサ箱は雀によって占領されていますね( 'ω' ;)

ぼくも雀に生まれ変わったら、ここに住み着きたいと思います。

雀は、偉そうに、

クジャク舎の中の木の上でくつろいだり、じゃれあったりして我が物顔で暮らしています。

 

f:id:aurakei:20170308210144j:plain

雀の侵入口は、ここ!

扉の下のわずかな隙間から、雀たちは自由に出入りを繰り返していました。

 

f:id:aurakei:20170308210319j:plain

シカもここではのんびりとしています。

食料は人間が運んでくれるので、毎日することもないのです。

 

f:id:aurakei:20170308210417j:plain

これは黒川紀章氏設計の休憩所。

黒川紀章氏は園内でいくつかの建物も設計したようですが、現存しているのは、ここだけのようです。

休憩している人は皆無でした。休憩所というより、芸術のオブジェですね。

 

f:id:aurakei:20170308211110j:plain

近くには閉じたものもあります。

開いた花と閉じた花は分かりますが、閉じた時、表と裏の装飾が逆転してないですか?

不思議な花です。

 

f:id:aurakei:20170308212847j:plain

ここの見どころは、小鳥舎です。

無数の鳥が放たれていて、

頭上をたくさん飛び回っていて、糞を落とされないか心配になりながら歩きます。

 

f:id:aurakei:20170308213118j:plain

喧嘩している鳥や、

 

f:id:aurakei:20170308213317j:plain

人に水しぶきをかける鳥もいます。(その後また水浴びに行った)

 

f:id:aurakei:20170310212105j:plain

整然と並ぶ巣箱。

これは巣箱の一戸建て。

4つ前の写真の巣箱は、集合住宅。

こちらは高級住宅街なので、少し静かな空間です。

 

f:id:aurakei:20170310212308j:plain

イサム・ノグチがつくったトンネル状の通路。

イサム・ノグチ彫刻家、画家、インテリアデザイナー舞台芸術など芸術に関しては何でもやる人です。

 

f:id:aurakei:20170310213120j:plain

児童館は、有名な大谷幸夫氏の設計です。

児童館らしく、少しポップな意匠に仕上がっていると思います。

 

園内を歩くと、もうそれだけで数時間は経っていると思います。

梅は終わりましたが、これからの季節は桜も楽しめます。

冬はスケート、夏はプールやバーベキュー、湖のほとりでのんびりしたり、大人も十分に楽しめるこどもの国だと思いました。

おとなの国と言っても過言ではないですね(*^^*)。